高知へ その②

前回に続いて高知での研修について。

第2段は漆喰のメーカーさんに伺いました。
高知は良質な石灰岩が取れることで、昔から石灰の製造をしており
100年以上続く会社も多くあります。

今回、お伺いしたのは漆喰で有名な田中石灰工業さん。
d0225700_1317944.jpg

伝統的な製造方法(土佐塩焼工法)を守り、質の高い漆喰をつくっています。

その製造過程を少しだけ。
「伝統的」。非効率に思われる製造方法も実はポイントでした。
工場裏の山を利用し、約7m近い壺のような土中窯の中で石灰石を焼成します。
中は1000℃近いらしいです。
d0225700_1321442.jpg

ここで大事なのは塩。この塩を一緒に入れて焼成することで
石灰岩の中に含まれる不純物が表面にあぶりだされて来るのです。
d0225700_13225316.jpg


これが焼成後の石灰石。
表面にある黒ずんだものが不純物の塊。
本当に表に出てきています。(写真を取り忘れましたが、割ると中は真っ白でした)。
d0225700_13244029.jpg


焼成された石灰石をさらに砕き、消化という工程に入ります。
消化とは焼成された石灰石に水をかけることで
石灰石が膨張し、サラッとした粉状に変化するのです。
これが漆喰のベースとなる消石灰です。


自然の力ってスゴイですね。
さらに驚きは塩焼工法にしても、消化にしても100年以上前の人たちが
これらを発見し、製造するまでにしたことが何よりも驚きです。

効率ばかりにとらわれず、質を追い、良品を送り出す。
この会社の心意気に感動しました。


明治32年創業の大栄工業株式会社
[PR]
# by daiei-00 | 2016-10-28 13:42 | お勉強


一歩ずつでも・・・


by daiei-00

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
仕事
会社
プライベート
雑感
イベント
友人・仲間
現場
時事
セミナー・講習会
できること
新宿という街
近所
家族
お勉強
今日
お客様
未分類

以前の記事

2016年 10月
2016年 06月
2016年 02月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

フォロー中のブログ

最新の記事

高知へ その②
at 2016-10-28 13:42
高知へ
at 2016-10-24 10:11
山口へ③
at 2016-06-22 14:30
山口へ②
at 2016-06-20 19:19
山口へ①
at 2016-06-18 17:58

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧